大倉山

レディ気分で巡りたい魅力的な街。大倉山で、うららかな春を満喫。
クラシカルな建物、おしゃれなカフェやショップが点在する大倉山を訪れれば、心にまで春が来たようなときめきを感じられるはず。さんぽを楽しみながら、新生活に向けたアイテムを手に入れて。

物語の中に迷い込んだような荘厳な記念館

1932(昭和7)年に大倉精神文化研究所の本館として創建され、現在はホールやギャラリーが入る記念館に。ギリシャ神殿風の建物に、創建当時のままの荘厳な彫刻やステンドグラスが施された館内を歩けば、物語気分に浸れそう。

映画などの撮影場所にもなるという、絵になる外観

エントランスでは、獅子と鷲のテラコッタが
訪れる人を見守る

海外から時を超えてやってきた家具や雑貨たち

元倉庫を利用した、センスが光るアンティークショップ。店主みずから海外で買い付け、リペアして販売するため、リーズナブルな掘り出し物が見つかる。ドイツやイギリスなどから時を超えてやってきた家具や雑貨に胸が高鳴る。

奥行のある店内に家具が並ぶ

座り心地抜群のアーコールチェア22000円~

インテリアのアクセントになる古い洋書など雑貨も充実

花屋&カフェが一体となったアットフォームな店内

生花店とカフェが一体となったユニークな1軒。アットホームな店内では花の教室をはじめ、さまざまなワークショップを開催。近所のパン屋や八百屋とも提携し、新メニューを考案するなど、街の活性化にも取り組んでいる。

ランチもいただけるカフェスペース

ヨーロッパの民家のよう

自分でたてるところから楽しめる宇治の抹茶と季節替わりのスイーツのセット1080円(写真は餅入りぜんざい)
ギフトにも人気の個性的な花が揃う

※このページは、OZmagazine2016年3月12日発売号の記事を転用しております。
現在は情報が変動している可能性がございますので、ご注意下さい。