あざみ野

バスに揺られて地元気分♪春色に包まれたあざみ野さんぽ
柔らかな陽射しと心地いい風に誘われる春の日は、緑豊かな東急田園都市線のあざみ野駅へ。美しい街並みをバスでのんびりおでかけ。2013年10月にオープンしたばかりの商業施設「あざみ野ガーデンズ」をはじめ、地元の人たちが集うスポットを暮らすように巡りたい。

コーヒーが苦手な人でも酸味を抑えた優しい1杯

厳選した生豆を、独自の焙煎方法で豆の芯までしっかりと火を通す。おかげで、コーヒーが苦手だと言う人でも飲みやすい、酸味を抑えた優しい1杯に。昔ながらのホットケーキや手作りの日替わりケーキとともに、穏やかな時間を。

注文を受けてから専用の銅板で焼く、焼きたてホットケーキ6 50円。ブレンドコーヒー500円

さりげないインテリアや雑貨に心和む

さりげないインテリアや雑貨に心和む

幸せの連鎖を生む器が集まった小さなお店

お気に入りの器があれば、料理を丁寧に作りたくなる。大切な誰かに食べてもらいたくなる。喜んでくれる笑顔に触れたら、またその器を使いたくなる。そんな幸せの連鎖を生む器が集まった小さなお店で、自分だけの逸品を見つけて。

色とりどりのガラスチップが輝くmurasame tumbler 各3360円(studio prepa)

作家により一つひとつ作られた器が常時50~60点

まるで小さな美術館のよう

いつもの食事を特別な時間に

「Soup Stock Tokyo」から生まれた、あざみ野ガーデンズ内のレストラン。代表的な「オマール海老のビスク」を応用したメニューのほか、スープ専門店のノウハウが詰まったソースを活かした料理は、いつもの食事を特別な時間に変わる。

天井が高く開放的な空間。オープンキッチンから届くソースの香りが食欲をそそる

オマール海老のブイヤベース風おじや1280円は濃厚そのもの。フルーツとハーブのソーダ(キウイとミント)500円

※このページは、OZmagazine2014年3月12日発売号の記事を転用しております。
現在は情報が変動している可能性がございますので、ご注意下さい。