令和2年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰にて 内閣総理大臣表彰受賞

東急線全駅に、ホームドアが設置されました。
※センサー付き固定式ホーム柵含む/世田谷線、こどもの国線を除く

すべての駅に、安心を。

東急電鉄株式会社は、「令和2年度バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰」のうち、
最も高い評価を受けた取り組みに送られる「内閣総理大臣表彰」を受賞しました。
今後も、お客さまの声を大切に、業界トップクラスのユニバーサルなサービスの提供を目指します。

<当社のバリアフリーに関する取り組み事例>

  • ■ 大手民鉄初の取り組みとして、2019年度末までに東急線全駅(※)にホームドア・センサー付固定式ホーム柵の設置を完了させ、ホーム上の安全性向上、安定運行に大きく寄与(※)世田谷線・こどもの国線を除く
  • ■ 東急線アプリによる、運行情報や各駅バリアフリー情報などさまざまな情報を多くのお客さまに提供
  • ■ 駅ホーム上や改札口に設置のデジタルサイネージに緊急時には案内を掲出し、聴覚に障害をお持ちのお客さまへ情報を提供
  • ■ 障害をお持ちのお客さまの列車乗降案内時に、乗車駅、降車駅の駅係員間で正確かつ容易に情報連携できる「バリアフリー連絡アプリ」の開発
  • ■ サービス介助士資格の取得推進、「接客サービス選手権」の定期的な開催による駅係員の接客技術の向上
受賞ニュースリリースはこちら
すべてのお客さまへ、安全な毎日を、どこよりも早くお届けすることが私たちの願いです。

1998年3月に池上線でセンサー付固定式ホーム柵を設置、
2000年8月、目黒線にホームドアを設置して以降、
安全な毎日をお届けするために、着々と整備を進めてきました。
そして、2020年3月22日等々力駅のホームドア運用開始を持ちまして、
東横線・目黒線・田園都市線・大井町線・池上線・東急多摩川線の
すべての駅で設置が完了しました。

はホームドア設置

はセンサー付固定式ホーム柵設置

東横線・目黒線・田園都市線・大井町線・池上線・東急多摩川線ホームドア設置図

ホームドアの設置率の増加に伴い、
転落事故件数が大幅に減少しています。
すべての駅で安心してご利用いただけるよう、
引き続き全力で安全を追求して参ります。

  • ※2020年3月22日 運用開始の大井町線等々力駅ホームドア含む
  • ※2019年度の件数は、2020年2月末時点のものです。